· 

BIMが業界を引っ張る! 大手企業も導入を本格化

 

こんにちは、佐々木です。

桜が咲き春の訪れを感じるこの頃

弊社にはCAD研修のお問い合わせをいただくことが増えております。

新しい季節、そして春という季節柄、新入社員への研修や

新年度からの取り組みに社員へのCAD教育を選ばれる企業が多くなっています。



弊社の研修対象としているCADソフトは

AutoCAD、Inventor、3ds Max、Fusion 360 の4種類でしたが

2017年6月、BIMソフトであるRevitの研修を新たに行う予定となりました。

 



なぜ今Revitなのか、と言いますと年明けのブログにも触れておりますように

今後建築業界などで広く使用されることが予想されるからです。

 



◆BIMとセンサーで進化するビル管理、3D化で既設ビルにも可能性

  http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/16/news037.html



NTTのグループ会社である株式会社NTTファシリティーズは

2016年12月14~16日に開催された「第1回 スマートビルディングEXPO」にて

BIMを利用したモニタリングシステムを展示しました。

 



照明、人感、室温などのセンサーを設置し、取得した情報をBIMで統合して

建物内をリアルタイムでモニタリングすることが可能です。

センサーを利用して「ゴミ箱の満タン率」の計測やICタグでの備品管理など

設備情報だけでなく、清掃・備品管理を効率化するシステムとなっています。





◆オートデスクとJR東日本コンサルが提携(2017年02月15日)

  http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/15/news046.html

 

 


米国のオートデスク社とJR東日本コンサルが提携したという記事です。

人の流れを考慮した3Dナビゲーションアプリケーションの開発や

設備の維持管理をより効率的に行う高度なシミュレーションシステムにつなげたい考え」

とあることから、NTTファシリティーズの展示内容のように

BIMデータを利用して駅の利便性向上を図るのではと私は推測しています。





◆施工BIM強化へ専門会社/鹿島/建築全現場採用に対応

 

  https://www.kensetsunews.com/archives/13304




鹿島建設株式会社が同社の子会社としてBIM業務専門会社を設立します。

今後高まる高度な三次元モデルデータのニーズに対し競争力を強化する狙いです。

同社ではすべての現場でBIMを採用する流れとなっており

新しく設立する専門会社が技術の蓄積、人材教育などを含め対応する見込みとなっています。

 


記事に名前が挙がっている企業は、業界をリードする企業です。

大きな企業がBIMの導入を始めれば関連会社や競合企業もBIMの使用を始めざるを得ません。

以前のブログで紹介したシンガポールはその前例と言えるでしょう

いずれ日本でも「BIMが当たり前」の時代が来ると思います。





大きな問題は「BIM導入の遅れ」ではなく「BIM教育の遅れ」にあると私は感じています。

企業が求める人材需要に対して、BIMを扱える人材の数が圧倒的に少ない状態です。

 

 


そうした業界に一石を投じるため

弊社の運営のCADスクール、CADCILでBIMソフト、Revit研修を行う運びとなりました。

現在も準備を進めている段階ではございますが

「日本のBIM環境に良い影響を与える」ことを目標に頑張りたいと思います!

 

 


記事担当:佐々木 紗野(ささき さや)

株式会社ニテコ図研3年目社員。芸術系大学卒で芸術・デザイン関係への関心が高い。会社内ではWEB・教育事業・意匠写真を主に担当している。思ったことをすぐ口にするタイプのため独り言が多く反省中。

趣味はサイクリング。



株式会社ニテコ図研 サービス一覧