【JAVC主催】Fusion 360 セミナーを開催いたしました

 

こんにちは、ニテコ図研の佐々木です。

 

7/29(土) に開催のセミナーの講師を担当いたしました!

 

 

 

 

 

JAVC(日本ビジュアルコミュニケーション協会)主催 「クラウドベース3DCAD入門」

 

 

セミナーでは、3D-CADの需要と背景についても考察しつつ

Fusion 360 の機能について解説いたしました。

 

基本画面の解説はもちろん、モデリング手法の紹介とクラウドによるデータ共有の方法まで

 

Fusion 360 の機能について幅広くお話いたしました。

 

 

特に重きを置いて説明したのが「コンポーネント」の重要性です。

 

 

 

コンポーネントとは、英単語として訳すると「部品」「構成要素」となります。

 

Fusion 360 ではブラウザと呼ばれるエリアに作成でき、対象とするコンポーネントをアクティブ化することで

 

コンポーネント内にスケッチやボディを格納することができます。

 


コンポーネントを作成せずスケッチから押し出しによるボディ作成を行った場合

(クリックで拡大)

コンポーネントを作成してスケッチから押し出しによるボディ作成を行った場合

(クリックで拡大)



(クリックで拡大)

 

コンポーネントを一切作成せずに、ブラウザ直下に

スケッチ&押し出しを続けた結果ボディとスケッチが別々に格納された。

修正の際に、どのスケッチがどのボディの元になったかを判別しにくい。

(クリックで拡大)

 

コンポーネントを作成し、モデリングを行ったデータのブラウザ。

ボディと元となったスケッチがセットになっている。

ボディの形状変更のためスケッチを修正する場合に判別しやすい。



 

 

コンポーネントによるスケッチとボディの関連付けにより、モデル修正が容易になる他、

 

コンポーネントを作成することで利用できるようになる機能もあります。

 

Fusion 360 を使いこなすには、コンポーネントについて十分に把握する必要があるといえるでしょう。

 

最初はモデリングに意識が行きがちですし、ちょっとわかりにくい部分ですので

 

ぜひともセミナーではコンポーネントについてお話したいと思っていました。

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

 

 

 

※同様のセミナーの開催予定は検討段階ですが、決まりましたら弊社イベント案内ページにてお知らせいたします。

 


記事担当:佐々木 紗野(ささき さや)

株式会社ニテコ図研3年目社員。芸術系大学卒で芸術・デザイン関係への関心が高い。会社内ではWEB・教育事業・意匠写真を主に担当している。思ったことをすぐ口にするタイプのため独り言が多く反省中。

趣味はサイクリング。



株式会社ニテコ図研 サービス一覧