· 

BIM研修の新設を目指して

明けましておめでとうございます。

というには少し遅い時期となってしまいましたが、2017年最初の更新になります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


正月気分もすっかり抜けきり、業務の動きも活発になって参りました。

ありがたいことに、昨年末に引き続き多数のご依頼をいただいております。

 


年末のブログで2017年の目標とししました

「新しいサービス、新しい技術、新しい縁の創造」に向けても動き出しています。

 

いくつか企画しているものの中で特に具体的になってきているもの

弊社が運営するCADスクール「CADCIL」での「BIM研修」を新設するというものです。

 

 


BIMとはBuilding Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称です。

形状、数量、建物要素、地理情報など様々な情報を管理することができ

データベース能力を持った3次元データ構築のことを指します。

大量の情報を処理することで、設計や施工段階での効果を得やすく、

コスト・リスクの削減に活躍しています。

日本ではまだなじみのないものですが海外の建築業界では活用が広がっています。

シンガポールのビル群
シンガポールのビル群

 

建築確認申請でのBIMの活用を義務化したシンガポールでは業界全体にBIM活用が広がっています。

同国での建設プロジェクトは、もはやBIMなしには考えられないと言っても過言ではありません

シンガポール建築建設庁が床面積5000平方メートルを超える建物に対し

2015年までに建築確認申請で意匠、構造、設備のBIMモデル提出を義務付けたことで

発注者から竣工BIMモデルの提出が求められることも当然の流れになっています。

シンガポールやアジア諸国は、先行している北欧やアメリカを追いかけている状況です。



【日経アーキテクチュア】竣工モデルは当たり前!BIM義務化で普及が加速
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpcolumn/14/546679/030400020/

【建築コスト研究】海外諸国におけるBIMの取組み
http://www.ribc.or.jp/info/pdf/sprep/sprep82_02.pdf



日本でもBIM活用に向けての動きが起きています。

2010年から、国土交通省は官庁営繕事業にBIMを試行的に導入を始めました。

国交省HPの官庁営繕事業主な施策項目にBIMの活用の項目が入っており

国がいかにBIM導入を重要視しているかを伺い知れます。

BIMの具体的な導入例としては3例が挙がっています。

この他、官庁営繕事業受注者がBIMを導入できることまたは導入する際のガイドラインを公表しています。


【国土交通省HP】官庁営繕事業におけるBIMの活用
http://www.mlit.go.jp/gobuild/gobuild_tk6_000094.html



国がBIMを導入したプロジェクトの試行を行った前例ができたこと、

海外での事業受注にはBIMが必要になる可能性が高いこと、

これらのことから今後日本でもBIMが求められるケースが増えるることが予想されます。

建築業界のBIM化に対応するための教育を、弊社は提供していきます。


CADの教育で社会に貢献していくということはこれまでと変わら

新しい波が訪れる日本のものづくり現場を

これから新設するBIM研修でサポートしていきたいと考えています。




◇他参考ページ

【日経アーキテクチュア】ついに国交省が!官庁営繕事業にBIMを導入
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/it/column/20100402/540413/

【日経アーキテクチュア】BIM元年!日本の導入事例がJIAで炸裂
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/it/column/20090220/530544/


記事担当:佐々木 紗野(ささき さや)

株式会社ニテコ図研3年目社員。芸術系大学卒で芸術・デザイン関係への関心が高い。会社内ではWEB・教育事業・意匠写真を主に担当している。思ったことをすぐ口にするタイプのため独り言が多く反省中。

趣味はサイクリング。



株式会社ニテコ図研 サービス一覧