テクニカルイラスト

情報伝達の手段として、写真はなくてはならないもの。

広告、新聞、雑誌などで宣伝写真を使う、製造した自社商品の写真を顧客に見せながら説明をする、家族との思い出を残すためにカメラを手に取る…

その用途は多種多様です。

 

しかし、写真表現が適さない場面もあります。

姿形は見えても正確な大きさはわかりませんし、実在しない完成予想品を撮影することはできません。

 

このようなケースに対応できる方法として、テクニカルイラストレーション( Technical Illustration ) が用いられます。

数値や性質の情報を、視覚的に伝えることができるため、工業部品や機械製造の分野で発展し、現在は3DCGなどの技術要素としても不可欠になっています。

 

ニテコ図研には、国家資格であるテクニカルイラストレーション1級技能士が在籍しています。

20年以上の実績を持ち、高品質のテクニカルイラストを制作し続けて参りました。

立体分解図や取り扱い説明書など納品実績も多数ございます。

テクニカルイラストはニテコ図研にぜひご用命下さい。

 

■ ニテコ図研のテクニカルイラスト作成サービス

 

■ 立体分解図 (拡散分解図)

機械の組み立て部品がどのような構成か、容易に理解できるようにしたものが立体分解図です。

各部品に番号を付け、部品表とセットにして使用されます。

立体分解図イラストと部品表を合成したサービスマニュアルも作成可能。

必要に応じでイラストと表のリンク設定を行います。

 

■ 立体外観図 (姿図)

機械の外観を立体的に表現したテクニカルイラストで、

取扱説明書の挿絵やカタログ、パンフレット、完成予想図などに使用されます。

着彩・グラデーションも行います。

図面から、または写真からでも作成可能です。

 

■ 立体組立断面図・透明図 (X線投影図)

機械の内部構造を説明するため一部分を切断する、外観の線の種類や着色の度合いを変えるなどの

処理を施したイラストです。

取扱説明書の挿絵、カタログ、パンフレットや完成予想図などの用途に適しています。

こちらも着彩、グラデーション効果を付けることができます。

 

■ 立体配置図

装置、機器の配置の様子を説明するための図です。

掛図の他、カタログ、パンフレット、完成予想図などに使用されています。

 

■ 系統図 

 液体の流れ、動力の伝達傾向などをシンボル(記号)を利用して表現した図です。

カタログやパンフレット、掛図、配管・配線系統図、フローシートなど幅広く用いられています。


■ 取扱説明書

AdobeIllustrator を使用した取扱説明書を作成しております。