アイソメツールバー

AutoCADを使ってテクニカルイラストを描くためのマクロをツールバーにしました。テクニカルイラストの知識がなくても簡単にアイソメ図を作成することができます。

ver 1.0から、傾角45度のキャビネット図も作成できるようになりました。


(1)アイソメ正面図

3面図の正面図から等角図(正面図)を作成します。


(2)アイソメ右側面図

3面図の右側面図から等角図(右側面図)を作成します。


(3)アイソメ平面図

3面図の平面図から等角図(平面図)を作成します。



テクニカルイラストの知識が無くても、間単にアイソメ図に変換できます。

さらに2次元部品図データがあるときは威力を発揮します。

変換された35度楕円に対しても、中心、四半円点などのオブジェクトスナップは有効です。

ダイナミック文字もそのまま変形します。 文字は分解していないので、変換後の文字修正も可能です。

元の3面図図形は残しながら、指定した位置に等角図を作成します。


4)直径35度楕円

中心・短軸方向・直径を指示して35度楕円を作成します。


(5)半径35度楕円

中心・短軸・半径を指示して35度楕円を作成します。

半径は等測軸に沿ったラバーバンドによる指定もできます。


シャフトの作図には、上記のアイソメ正面図などと組み合わせると効果的です。


(6)アイソメ拡大

縮み率分拡大(1.224・・・・倍)します。

等測投影図(等角投影図)から等測図(等角図)に変換します。

3次元CADから書き出されたアイソメ図は、通常等角投影図になっています。

それを等角図に変換する際に使用します。

先の(1)~(5)のマクロはいずれも等角図用のマクロです。


(7)アイソメ縮小

縮み率分縮小(0.816・・・・倍)します。

等測図(等角図)から等測投影図(等角投影図)に変換します。


(8)高度削除

高度をもった図形のZ値を0にします。

3次元図形を利用した場合、図形が2次元平面(XY平面)に載っていないので、トリムなどの編集ができないことがあります。

そんな時このマクロを使って、Z値をゼロにします。


(9)キャビネット右側面図

3面図の右側面図から傾角45度のキャビネット図(右側面図)を作成します。

操作方法はアイソメ右側面図と同様です。


(10)キャビネット平面図

3面図の平面図から傾角45度のキャビネット図(平面図)を作成します。

操作方法はアイソメ平面図と同様です。



ダウンロード
アイソメツールバー(ver.2.0) ※無料評価版同梱
isome-tb20.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 471.3 KB
 価格
 ご購入方法
10,800円(税込) 
銀行振り込み、またはPayPal決済

 ご利用方法

1. アイソメツールバーの圧縮ファイルをダウンロードし、お使いの

 コンピュータに保存して下さい。

2. ご購入お手続きページにて商品代金をお支払い下さい。

3. 入金を確認後、ライセンスキーをお知らせいたします。

4. 同梱のreadme.txtをご覧いただき、ライセンスキーを入力。

    内容に沿って設定頂きますとご利用いただけます。

    ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

※機能制限付の無料評価版を同梱しており、お試しいただけます。


▶その他のサービスを見る